無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
生徒に教えるヒップホップダンス、悩む教員がこっそり自宅でダンスをマスター
JUGEMテーマ:ダンスを習いたい!

ダンスが中学校で今年度から必須化されましたね。

来年2013年からは高等学校でも同じことが起こるとか。
民間のダンス教室や自治体の講習などが今、盛んになっているようですね。

今後もこの流れは続くと思います。



さて、

私には中学の体育教員をしている友達がいます。
31歳の友達です。


この友達も同じ立場なのです。



創作ダンス・フォークダンス・現代的なリズムのダンスと
あるらしいのですが、3つ目の現代的なリズムのダンス?にはいるであろう
「ヒップホップダンス」をするらしいのです。


彼は陸上部の先生という立場で、スポーツという関連ではダンスと近いものが
ありますが、ダンスを教えなければならない立場になった・・・と

不満たらたらに話をしてきます。


本音は、「はっきり言ってやりたくない」です。

先生のための講習として設けられた時間があるらしいのですが

基本やりたくないことをやらされているので、まったく楽しくないとのこと。


生徒たちに教えてあげなければならないのは
わかっているけど、ゼロから学んで教えるとなると、リズム感もないし

「ゾッとする」と言っていました。



で、ある程度ダンスが好きな生徒に前に出てきてもらって

「よーし、じゃあ○○がやってるのを見て覚えろよ〜」って
やらせてる状態なんですって・・・笑

でも生徒からしても、先生ができないっていうのは
みんな知っていて、そこも複雑な気分らしいのです・・汗



でも「運動して汗かいて気持ちいいじゃん」と言ったら

そんなの陸上でかきまくってるって 笑

教えるとなると動きだけでなく、基本用語なども覚えないといけないし

何より、ちょっと恥じらいがあるとのこと。


まあ確かにヒップホップのようなダンスって
動きも特徴的ですし、今までかじったことがない方にとっては
躊躇しますよね、普通。



ですから、ほんとその大変さが伝わってきました。


で、自身でダンススクールに通いだした先生も他にはいるらしいのですが
「そんな気にはなれない」とのこと。



今彼のように悩んでいる教員の方はものすごく多そうですね。

でも「教える立場というのは変わりない」のですね・・・

少しでも、形になって踊れるようになれば、見方も変わってくると思うのですがね。



で、後日友達に提案したのですけど


「自宅で練習するってのはどう?」
と言ってみました。

「何で?」

「DVDで。」

「なんかいいのあるの?」

「あるよ」

「いくらするの?」

「え〜14,800円」

「高っ!いらない」



あら、即答・・・


どうやら、やらされている感覚では
お金を出してまで欲しくはならないようです。


まあ、その辺りは価値観ですよね。


ちなみにこのDVDは、ヒップホップダンスをまったく踊ったことのない方専用の
DVDです。この騒動?があり、各メディアでも取り上げられていました。


27日間でプロ並みに踊れるようになると言い放つヒップホップ教材です。
自宅で一人で練習するためのものです。


ウザいくらいに丁寧な解説が特徴です。


もちろん、先生方はプロのように踊れるようになるのが
目的ではないと思うのですが、生徒に教えられるレベルに
なるのには時間はかからないと思います。



残念ですが彼(友達は)これがどうのうな物なのかを
見ることもしませんでした・・・ハハ・・



講習に行っても体もついてこないし消化不良、
わからないことだらけで、このまま生徒に教えることなんてできないと
不安に思っておられるのでしたらご覧ください。


ゼロからのヒップホップダンス未経験でも大丈夫な教材です。


こんなやつです⇒ こちら

教員の友達からその後、愚痴を聞かなくなりました。
即答で断ってしまったので、なにも言えないんだと思います。

まあ、でも友達なんで頑張ってほしいと思っています。
先生もいろいろ大変なことがたくさんみたいですからね。


今日のいいもの発見でした^^



| sarasarapp | 趣味や仕事にも | - | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
Trackback
トラックバック機能は終了しました。