無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
メガネが必要になってくる一般的な数値
JUGEMテーマ:視力回復方法

そろそろメガネが必要かな〜と思う数値についてですが

ま、人それぞれこの数値は違うと思いますが、
一般的に0.3〜0.7くらいだと言われています。

0.7くらいだと必要なときにだけかける。
(授業を受けるときや、しっかり見なきゃいけない物事があるとき)

0.3以下になるとメガネを常用したほうが良いとされています。

大人ですとこの判断は自分で決められるのですが
小学生くらいの子供さんになると、健康診断の時に視力低下が発覚したり
するわけですよね。

授業で黒板などをしっかり見えないと勉強にも身が入りませんので
重大な事であります。

「は〜我が子もメガネかぁ〜」とため息をついたかもしれません。

ネガネに慣れてしまうと、そんなには苦ではないかもしれませんが
プールの授業ではできませんし、体育の授業などでは逆に邪魔です。

できることであれば

「子供にはメガネはかけさせたくない」

と思うのが親からして思うことでしょう。

今回のいいものは子供向けの視力回復法です。

このままメガネをかけさせないとなると、目を細めて物を見るように
なってしまい、余計に視力の低下が進むことになってしまいます。

どこかで手を打たないといけないのです。

なぜ視力が落ちてくるのか、最近ははっきりとした理由もわかってきました。

お子様にはお子様なりの視力回復法があります。


こちらからご覧下さい↓
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法〜自宅トレーニングセット・CD−ROM,メールサポート付〜
| sarasarapp | 体悩み | - | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
Trackback
トラックバック機能は終了しました。