無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
陸上記録で伸び悩み・・ストレッチで柔軟な体を手に入れ自己ベスト
JUGEMテーマ:陸上

陸上記録の伸び悩みって誰もが経験することだと思います。

そんな時ってかなり不安になりますよね。

これ以上記録を伸ばすことは出来ないのか、どんなトレーニングを

すればいいんだと考えてしまいます。

しかも期待されている選手ならなおさらプレッシャーを感じてしまいます。

ひとつここで注目してほしいのは

「体の柔軟性」です。

筋肉、体を柔らかくして、それがスポーツにおいてどれだけの影響があるのか

ということ。

体の柔軟性をアップさせることによって得られるのは、

「可動域」、すなわちそれは大きく踏み込む力、大きく振る力などに直結します。

ストレッチによって股関節や肩甲骨の可動域を広げ

走ることはもちろん、円盤投げや砲丸投げ、やり投げなどの

投てき種目の記録アップに絶大な効果を発揮します。

そして忘れてはならないのがケガや故障が少なくなるという点。


意外とこの重要なポイントに重点を置いている人は少なくもったいないと思います。

当然のようにプロのアスリートはこの柔軟というポイントを押さえています。

よくわかるところでイチロー選手が外野の守備の時にストレッチを行っている

のを見たことはないでしょうか。

スーパースターの彼も地道に意識して行っているのがストレッチです。

逆に言えばあなたが体が硬い現状ならば、柔らかくすれば記録はまだまだ伸びる余地が

あるということです。

陸上競技にはとくに効果を発揮できるものです。


柔軟性。ここに注目してみてください。

こちらをご覧ください。


陸上ストレッチ 【スピードスポーツストレッチ】兼子ただし
| sarasarapp | スポーツ | - | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
Trackback
トラックバック機能は終了しました。